loading

交通事故は自賠責保険適用で施術費自己負担は円です。

自賠責自動車損害賠償責任保険とは

交通事故被害者救済のために加入が義務付けられた自賠責自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)とは、「交通事故の被害者が泣き寝入りすることなく、最低限の補償を受けられるように」と国が始めた保険制度です。一般的に「強制保険」と呼ばれているとおり、公道を走るすべてのクルマやバイクに加入が義務づけられています。基本的に人身事故のみ適用され、物損事故については支払ってくれません。
自賠責保険の慰謝料は障害事故で1日あたり4200円。被害者の負傷の程度や状態、実際に通院に費やした日数等を考慮して治療期間の範囲内の慰謝料の対象となる日数を決めます。限度額は120万円で、この限度内で支払われます。

もしも交通事故に遭ってしまったら…

もし交通事故に遭ってしまったら、たいていの方が動揺され、何をどうしていいのか判らないと言われます。

特に初めて交通事故にあった場合などは、どこに連絡するべきなのか、どんな手続きが必要なのかまったくわからない方がほとんどです。また事故直後は動揺して、痛みがないケースも多々あり、その場で示談をすませてしまったがために、後々後遺症を一人で抱えて苦しまれている患者様からの交通事故に関する相談は後を尽きません。

交通事故の後遺症となる不快な痛みは、症状が出てくるまで事故数時間から数日後と時間がかかることが多く、また個人差でも大きく変わります。

一日も早く、元の健康な状態に近づけるためにも、早急に通院されることをお勧めいたします。
また、現在通院していて、症状の改善がみられない患者様の転院のご相談も受け付けております。お気軽にご相談ください。

速やかに連絡しましょう

STEP.速やかに警察(110番)・救急(119番)へ連絡しましょう。

加害者が警察に届けないと言っても、事故後のトラブルにつながるケースが多いため、きちんと通報しましょう。
※警察へ病院の診断書と人身事故届けを提出しなければ、保険請求手続きに必要な交通事故証明書が発行されません。

加害者情報をきちんと確認しましょう

STEP.加害者情報をきちんと確認しましょう。

免許証の提示を求め、加害者の指名・住所を確認します。
その他にも、加害車両ナンバー・勤務先・保険会社(自賠責保険証・任意保険証の提示)をきちんと確認しておきましょう。
※事故現場で、損害賠償・示談・念書の話は絶対にしないようにしましょう。交通事故の後遺症認定の妨げになり、十分に損害賠償がなされない場合があります。
※事故の目撃者がいる場合は、後日証人が必要になる場合もあるので、氏名・住所・連絡先などを聞いておきましょう。

今後の流れをご説明します

STEP.当院へお越しください。
今後の流れをご説明します。

当院で症状の確認と今後の保険会社や病院の掛かり方などの説明をします。
ご紹介できる病院がありますので、紹介状をお持ちになって必ず精密検査を受けにいかれてください。

交通事故の直後は興奮状態にあるため、痛みを感じなかったり、骨折に気づかなかったりするケースがあります。
痛みは、事故から数日後落ち着いた頃に発生することも多いです。

保険会社へ連絡しましょう

STEP.保険会社へ連絡しましょう。

保険会社へ連絡し、定期的に連絡を取りましょう。
※病院や整骨院に掛かった際に、保険会社が費用を負担してくれなくなるケースもあります。
当院では、各院にて転院手続きの方法をご案内しています。

事故状況・記録・関連物は残しておきましょう

STEP.事故状況・記録・関連物は残しておきましょう。

STEP2で述べた、目撃情報は大切です。示談の話し合いを左右する存在になることもあるからです。
事故状況の記録・ビデオ・写真・車の破損状況の写真(各角度から)・身に着けていた衣服・事故車など、事故に関連する物は残せるだけ残しておきましょう。
事故原因・過失割合などで納得がいかない場合に、真実を導き出す手がかりとなることがあります。

後遺症施術は、実績豊富な当院で

交通事故治療実績豊富な当院で

交通事故に遭遇した場合、施術(特にむち打ち)を施してくれるのは病院や整形外科と思っている方がほとんどです。
しかし、これらの医療機関に通ったけど

  • 症状が落ち着かない
  • 電気を当てるか、薬と湿布だけ処方されて改善する気がしない
  • 病院には行くが親身になって的確な処置を行ってくれる医療機関はとても少ない

との声をよくお聞きします。

大抵の病院や整骨院でも交通事故施術を行なってはいるのですが、必ずしも専門分野ではありませんし、どこの医療機関が専門的施術をしてくれるのかというのは一般の方ではなかなか判断がつきません。
病院に専門の科があるように、交通事故の施術も専門の特別な技術が必要です。

ご自分で選ぶことができます

もし、今かかっている病院・整形外科・整骨院での施術に満足がいかない場合、転院が可能です。

基本的には患者様が整骨院や病院を選ぶ権利があります。
当院でも、交通事故に遭われた後に、病院や整骨院の施術に満足できず転院されてこられる例も多く見受けられます。
面倒な手続きなどは当院が保険会社と直接行いますのでご安心ください。

また、月に1度整形外科に通いながら、週に2・3度だけ当院に通うということも可能です。お気軽にご相談ください。

むちうちについて

むちうちについて

「全然元気そうなのに。なぜ?」
「全然痛みがなかったと思ったので、ついそのままにしてしまいました…」
交通事故後、様々な後遺症で悩んでいる方が多くいらっしゃいます。
その中でも、一番多いのが「むちうち症」です。

むちうちは数時間あるいは数日後になってから症状が出てくることが多く、交通事故直後は痛みを感じず、そのまま放置する方もたくさんいらっしゃいます。「むちうち」をそのまま放置すると、痛みが慢性化したり、大きな後遺症として、今よりも辛いものとなってしまいます。病院のレントゲンやMRIの検査でも異常がないと診断され、保険会社の方も補償の関係上、レントゲンで異常がないという理由で通院を早く終わらせようとします。骨の繊細なズレはどんどん悪化します。どんなに異常がないと言われても、身体が感じている痛みは本物です。お一人で悩まずに、お気軽にご相談ください。

むちうちの主な症状

交通事故の大きさや損傷の度合いにより症状も様々ですが、「むちうち」で見られる主な症状は下記の通りです。
ひとつでも当てはまるものがあれば、放っておかずにお気軽にご相談ください。

  • 骨には異常がないと言われたのに体がだるい
  • 天候の変化や寒さ、湿度などの変化で体が辛くなる
  • 夕方や朝方に痛む
  • 集中力がなくなり、長時間の仕事や車の運転が辛い
  • 頭痛・だるさ・無気力感・全身の疲労感・不眠など
  • 症状がよくなったり悪くなったりと、一進一退

むちうちの症状は様々ですが、ご本人様のつらさを身近に理解し、親身になって施術する。それが当院のポリシーです。
また、整形外科などにはない、手技による「手の優しさ」がよいという患者様も多数いらっしゃいます。
むちうちの症状に悩んでいらっしゃる方、ぜひ当院までご相談ください。

保険と補償について

自賠責保険とは

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)とは、交通事故被害者救済のため、公道を走るすべての車やバイクに加入が義務づけられている、「交通事故被害者が泣き寝入りすることなく、最低限補償を受けられるように」と国が定めた保険制度です。
自賠責保険は、一般的に「強制保険」とも呼ばれています。自賠責保険の慰謝料は、基本的に人身事故のみの適用で、傷害事故で通院1日あたり4,200円で物損事故に関しては支払われません。
被害者の負傷の程度及び状態、実際に施術に費やした日数等を考慮して、施術期間の範囲内で慰謝料対象日数が決められます。
支払い限度額は120万円となり、この限度内で支払われます。

慰謝料について

慰謝料について

交通事故の後遺症で慰謝料が支払われます。
後遺症の等級によって金額がかわります。
交通事故について示談する場合、保険会社が一方的に出してくる慰謝料の金額で進められてしまうケースがほとんどで、本当は慰謝料に納得していない、あるいは身体が改善していない場合でも「これ以上はだせない」と言われ、保険会社が提示する慰謝料で決定してしまう場合の方が多いです。
通常、保険会社が提示する額というのは交通事故慰謝料の最も低い金額である場合が多く、まだ改善していない状態で「レントゲンでは異常がない」からと後遺症の等級さえ低く設定されてしまうこともあります。
等級が低く設定されていれば、その分、慰謝料の額もより低く設定されてしまいます。

和整骨院では、患者様の立場にたって、改善させるための施術費を確保するためにも、保険会社と話し合い、自己負担なく満足のいく施術と補償を受けていたけるようサポートしています。

休業補償について

交通事故後遺症により仕事を休まざるを得なくなった場合、 休業補償として基本的に加害者の加入している保険会社からの支払いがあります。

交通事故専門の法律家にご相談ください

交通事故後のトラブルに巻き込まれないために…

トラブルに巻き込まれないために

交通事故に遭うと、損害賠償・示談・念書に関する話がでてきたりします。
内容の把握もできないままに、保険担当者からサインを迫られ、十分な保険料が支給されず、継続的な施術が受けられないなどということも発生してきます。
また、それ以外のトラブルに巻き込まれる可能性もあります。そこで、味方となってくれるのが、法律の専門家でしょう。
どんな場合も、「あれ?どうなってるのかな?一般的にはどうなんだろう?」といったささやかな疑問も聞けずにいると、どんどん不安が膨らみ疑心暗鬼に陥ってしまうものです。

当院では、交通事故(特にむちうち)施術のほか、法的な相談をしたい場合、法律の専門家とも連携していますのでお気軽にご相談ください。

福岡市南区井尻六ツ角の整骨院
お気軽にお問い合わせください。
092-586-8582
個室あり、キッズスペース、女性施術者、保育士在籍、予約優先、土日祝日、駐車場完備、20時まで受付
受付時間土・祝
午前
9:00~12:00
-
午後
15:00~20:00
-