loading
メインイメージ

四十肩・五十肩の症状と原因

四十肩・五十肩の症状

「肩から腕にかけての痛み」と「腕の動きが制限されること」の2つです。 痛みはじわじわときます。痛みと同時に肩の腫れや熱っぽさを伴うこともあります。夜から朝方にかけて痛む事もあります。

痛む場所は肩から上腕(二の腕)にかけてが多く、初めは肩を動かすときに痛むだけですが、症状が進むと、動かさなくても肩がうずくように痛み、思うように腕が上がらなくなります。

ひどい痛みが治まってからも肩を動かしにくいです。時間がたつと炎症は治まってくるのですが、その家庭で線維性の物質が出てきて、腱板の周囲が癒着し、肩の動きが悪くなってしまうのです。また、髪がとかせない・結べない(結髪障害)や手を後ろに回せないブラジャーを付けられない(結帯障害)などの障害が出てきます。

四十肩・五十肩の症状と原因イメージ

四十肩・五十肩の原因

肩関節は他の関節に比べ可動域(動かせる範囲)が広く、その固定を筋肉・腱(筋肉の端)や靭帯で補っています。そのため、加齢であまり肩を動かさなくなるとこれらに炎症や癒着が発生するなどして肩の運動を阻害します。

四十肩・五十肩の主な治療方法

患者様の症状にあった施術を行います!

マッサージ・・・手技
整体・・・筋肉の緊張をほぐします。
鍼灸・・・ツボにそって鍼をうち、上がらなくなっている筋肉の緊張を取り除きます。

※使い捨て用の鍼を使用するため清潔です。
※痛みの伴う治療ではありません。
※有資格者が処置にあたるため安心です。

福岡市南区井尻六ツ角の整骨院
お気軽にお問い合わせください。
092-586-8582
個室あり、キッズスペース、女性施術者、保育士在籍、予約優先、土日祝日、駐車場完備、20時まで受付
受付時間土・祝
午前
9:00~12:00
-
午後
15:00~20:00
-