loading

産後の体の不調は、開いてしまった骨盤に原因があります!

産後の体の不調は、開いてしまった骨盤に原因があります!

産後骨盤矯正の重要性

産後はリラキシンというホルモンの影響で骨盤が開いた状態になっています。

妊娠中や出産時にホルモンが分泌され、靭帯がゆるむことで骨盤が開いていきます。そして、出産の数か月後には骨盤は自然と自分の筋力で元の状態に戻ろうとします。

しかし、現代の女性の多くは、車、バス、電車、バイクなどを利用することで筋力低下が起こり、産後に骨盤が元の状態に戻りにくくなっています。何もしないと骨盤が元の状態に戻らないままで、開いたままになってしまいます。

産後骨盤矯正をせず骨盤が開いたままだと、腰痛やぎっくり腰、膝の痛みなどの原因となってしまいます。見た目においては、産後太り、ぽっこりお腹、下半身太り、O脚、肌荒れ、ニキビなどの症状が出てくることがあります。その他、便秘、冷え性なども引き起こしてしまいます。

また、骨盤が開いていると空間ができてしまうため、骨盤に支えられていた内臓が下垂し、内臓の機能が低下します。代謝が落ちるので下腹がぽっこり出たり、お尻や太ももに脂肪がついたり…という結果になり、代謝や排泄機能が低下すると、身体に溜まった脂肪や老廃物が体外に排出しにくくなり、通常よりも痩せにくい体質になってしまいます。産後なかなか元の体型に戻らないという方は、産後骨盤矯正をしていない可能性があります。

イメージ

骨盤矯正と産後の骨盤矯正

一般的に骨盤矯正は、産後以外の女性や男性が、腰痛や体型が気になるなどの自覚症状があって施術を受けに来られますが、産後の骨盤矯正は症状がなくても、今後の快適な生活を送るための予防として受けられる方がたくさんいらっしゃいます。

よく、骨盤ベルト、骨盤クッション、骨盤体操などでの骨盤をケアする方法があります。これらは、足を組むなどの癖で起きる軽度の骨盤の歪みには、効果があるかもしれませんが、産後開き切った骨盤を閉めるためにメインで使用するのは、あまりお勧めできません。大きく開いた骨盤を自力で閉めようとすると歪むこともあり、体全体の不調を引き起こすこともあります。あくまで、プロに直接骨盤の開きを把握して施術を行ってもらい、自宅での矯正された骨盤を維持するためのサブアイテムとして使用したほうが効果的です。
産後直後、体の不調がないからと骨盤矯正を受けずにいると、時が経って症状が現れることがあります。産後の骨盤矯正は、腰痛やぎっくり腰、膝の痛み、産後太り、ぽっこりお腹、下半身太り、O脚、肌荒れ、ニキビ、便秘、冷え性などの様々な症状の予防になるため、症状がでていなくても受けておきたい矯正です。

和の産後骨盤矯正の特徴

産後骨盤矯正とは、出産時に開いてしまった骨盤を本来の正しい状態に整える手法です。

当院で行う産後骨盤矯正は、従来のボキボキ鳴らす矯正や機器を使った矯正ではなく、股関節のストレッチを中心とした体に負担の少ない『安心安全で体に優しい骨盤矯正』です。
産後はデリケートな時期になりますので、体調が変化しやすく、施術者の手で体の状態を日々把握しながら矯正を行っていきます。

しっかりと骨盤を整え、快適な産後ライフを目指しましょう!

個室のご案内

当院では、安心して施術を受けていただくために個室を準備しております。お子様連れで、周りの方に迷惑がかかるからと遠慮されていた方や鍼灸時などで周りが気になるという方もご利用いただけます。

個室は部屋に限りがありますので、事前予約の方が優先となっています。

個室の詳細については、スタッフまでご相談ください。

福岡市南区井尻六ツ角の整骨院
お気軽にお問い合わせください。
092-586-8582
個室あり、キッズスペース、女性施術者、保育士在籍、予約優先、土日祝日、駐車場完備、20時まで受付
受付時間土・祝
午前
9:00~12:00
-
午後
15:00~20:00
-