loading
メインイメージ

スポーツ障害とは

スポーツ障害とは、同じスポーツをすることで起こる障害や外傷などの総称で、スポーツにおける体の使い過ぎ(オーバーユーズ)によって起こる障害です。それ程大きな負荷ではなくても、同じ部位に繰り返して力が加わることで骨折や炎症などが起きやすくなります。一過性のものを除いて疼痛をはじめとする諸症状が慢性的に続きます。成人だけでなく成長期の子供にもよくみられ、テニス、陸上、野球、ゴルフ、サッカー、バスケットボール、バレーボール等、スポーツでなりやすいとされています。

スポーツ障害とはイメージ

主な症状

  • 筋肉痛や肉離れ
  • 捻挫、突き指、脱臼
  • 半月板損傷
  • じん帯損傷
  • ジャンパー膝・ランナー膝
  • 野球肩・野球肘
  • 椎間板ヘルニア
  • 疲労骨折

スポーツ障害の主な対処法

患者様の症状にあった施術を行います!

スポーツ障害は早期に対処しないと、重症化して関節が変形したり骨が分離したまま治らなかったりと、日常生活に支障を生じることがあります。また、長期の治療や療養を余儀なくされることも多く、障害が起きた初期の段階で適切な処置を行うと同時に予防に心がけることが大切です。
当院では、捻挫(ねんざ)や打撲、骨折、脱臼(だっきゅう)、肉離れ、腱(けん)断裂、など多く施術しています。アイシング、電気治療、マッサージ、テーピング施術などを施し、痛みを軽減、補強、様々なサポートに加え、深い痛みや即効で治したい場合などは鍼灸なども行っています。多くのスポーツに携わっていたスタッフが 施術を行っているので 専門的なアドバイスをすることも可能です。

スポーツ障害の主な対処法イメージ
福岡市南区井尻六ツ角の整骨院
お気軽にお問い合わせください。
092-586-8582
個室あり、キッズスペース、女性施術者、保育士在籍、予約優先、土日祝日、駐車場完備、20時まで受付
受付時間土・祝
午前
9:00~12:00
-
午後
15:00~20:00
-