loading
メインイメージ

オスグッド(成長痛)病とは

オスグッド(成長痛)病とは、主に小学校高学年から中学校の成長期に起こる膝のスポーツ障害で最も多い症状です。成長期に積極的なスポーツ活動で、飛んだり、跳ねたり、またボールを蹴る動作の繰り返しによって生じます。お皿の下の骨(脛骨粗面部)に痛みや骨の隆起を訴える骨軟骨炎が起こり、時には、赤く腫れたり、熱を持ったりします。休んでいると痛みが無くなりますが、スポーツを始めると痛みが再発します。ひどい時には通常の歩行時でも痛みが出たり、膝の曲げ伸ばしが出来なくなったりすることもあります。

オスグッド(成長痛)病とはイメージ

主な症状

  • 膝の下がポッコリ出てきて、腫れてきて痛い
  • 膝を押したり、歩いたり、走ったりすると痛い
  • しゃがんだり正座をすると膝の下が痛い
  • 階段の昇降で膝の下が痛い
  • ジャンプすると膝の下に痛みがでる

オスグッド(成長痛)病の主な対処法

患者様の症状にあった施術を行います!

痛みが特にひどい場合は運動を中止し安静にします。アイシング、電気治療、マッサージ、テーピング施術などを施し、痛みを軽減、補強、様々なサポートに加え、深い痛みや即効で治したい場合などは鍼灸なども行っています。運動ができる時は、様子を見ながらストレッチも行っていきます。オスグッド(成長痛)病の主な原因は、体のバランス・重心がずれ、姿勢が悪くなったり、背骨・骨盤に歪みがある場合、骨が歪んでしまったまま成長するために発症します。
当院では、体のバランスを正しく治し、骨が成長しやすい状態を作ることで、オスグッド(成長痛)病の痛みを解消していきます。当院独自の施術法により早期に痛みが改善されます。

オスグッド(成長痛)病の主な対処法イメージ
福岡市南区井尻六ツ角の整骨院
お気軽にお問い合わせください。
092-586-8582
個室あり、キッズスペース、女性施術者、保育士在籍、予約優先、土日祝日、駐車場完備、20時まで受付
受付時間土・祝
午前
9:00~12:00
-
午後
15:00~20:00
-