痛みが特にひどい場合は運動を中止し安静にします。アイシング、電気治療、マッサージ、テーピング施術などを施し、痛みを軽減、補強、様々なサポートに加え、深い痛みや即効で治したい場合などは鍼灸なども行っています。
シンスプリント(過労性骨膜炎)は、正しくないランニングフォーム、シューズが悪い、地面が固い、筋力不足、柔軟性不足、扁平足などにより脛骨内側に負担のかかる動きになってしまっていることが原因で起こります。
当院では痛みをとる治療とともに、シンスプリント(過労性骨膜炎)の原因である脛骨内側に負担のかかる動き、ゆがみの改善も行っていきます。